忍者ブログ

駅前帝国メガトロニア

レゴ ヒーローファクトリー/Herofactoryとバイオニクル/BIONICLEで作品制作しつつ、ヒーローファクトリーシリーズの最新情報をお届け。 その他、ゾイド、トランスフォーマー、メダロットなども。

   
カテゴリー「◆ヒーローファクトリー」の記事一覧

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「6293 ファーノ / Furno」のレビューを掲載。

Bioniclers' Nestに「6293 ファーノ / Furno」のレビューを掲載しました。

レゴ ヒーローファクトリー 「6293 ファーノ / Furno」

掲載したのはちょうど一週間前ですが、私生活の都合と丁度その後に新製品の写真が出てきたのでちょっと後回しにしていました。

さて、ブレイクアウト版のファーノですが「炎のキャラクターでありながら海中戦担当」という日本人の感覚からするとちょっと違和感のあるコンセプト。ただ、赤という色自体は船舶の塗装によく使われる色なので(赤色の塗料は錆止めになる)そういう意味ではアリなのかもしれません?

3.0は鷹がモチーフの中々ヒロイックなフェイスデザインでしたが、ブレイクアウト版は1.0のタイプに戻りお馴染みのモンキーフェイスが復活。
左腕は装甲化されていて
背部のアクアジェットパックの保持アームはテクニックボールジョイント接続でグリグリ動き、タービンも角度調節が可能で表情付けはしやすいのですが、このクラスの製品の中ではファーノのみ胴体フレームが露出してしまっているのが惜しいです。

パーツの面で見ると他にライバルが多いのがちょっと苦しい感じ。
まずメインカラーの赤系パーツですが、アイアンマンにも同様のパーツが多く入っているのに加え無地の胴アーマーも入っているので、ヘルメットとランチャーとプリント入りの胴アーマーがポイントになりそうです。
フラットシルバーのパーツは腕の大型アーマーはバルクやキャプテンアメリカに2個入っているので、肩の装飾パーツがミソでしょうかね。

拍手

「6218 スプリット・フェイス / Splitface」のレビューを掲載。

Bioniclers' Nestに「6218 スプリット・フェイス / Splitface」のレビューを掲載しました。

6218 スプリット・フェイス / Splitface

なんやかんやで2012年前期組も埋まってきましたね。
クイーンズイースト店に再入荷したファーノも買ってしまい、遂に残すはサージのみ。
ただ、サージは再入荷されていないので買うかどうかは未定です。

さてスプリットフェイスですが、このセットはパーツの実用性云々というよりもその“ネタっぷり”を嗜むアイテムと言えると思います。
“体の中央で色が分かれる”というコンセプトは、古くはバットマンの「トゥーフェイス」、日本では「あしゅら男爵(マジンガーZ)」や「人造人間キカイダー」が有名で、更にその発展系として「ウルトラレイカー(勇者エクスカイザー)」から始まるタカラ(タカラトミー)の「左右合体ロボ」などがあり、最近では仮面ライダーまでもがセンター分けにされちゃったりするくらい古典的かつ人気のある要素ですね。
こういうキャッチーなファクターは「捻りに捻りを重ねて最後にもう一回捻る」ようなデザインが多かったバイオニクルには少なく、それを積極的に盛り込む姿勢は実にヒーローファクトリーらしく、バイオニクル系統のシリーズにおいては斬新だと言えそうです。

惜しい点としては、サメ型のジョーブレードや虫型のソーンラックスがそれぞれ海や空で戦う事を容易に想像させるのに対し、スプリットフェイスは特に宇宙戦に適しているようなデザインになっていないのはちょっと惜しいです。(同様の事がサージにも言えますが)
また、胴体のプリント入りパーツは他のプリント入り胸部パーツ以上に使い所を選びそうです。
ガンメタルだとバルクの胸部アーマーもあり、そちらの方がクセのない図案なのもツラいところ。

パーツ取りとして見た場合にポイントになるのは赤の球形ショルダーアーマーでしょうかね。
他には(2.0ヴィランを一通り買っていたりするとありがたみが薄いですが)腕と脚のガンメタルのアーマーも2013年の前期製品には入っていないようですから持っていない人は今のうちに押さえとくのもアリかかなと思います。
チャームポイントである頭部パーツはかなりクセが強いですが、分割した際の形状は他に類を見ないものなので「このパーツだからこそバシッとキマる」ような事もあるかもしれません。2個買っておくと選択の幅も広がりそうです。

拍手

「6227 ブリーズ / Breez」のレビューを掲載

Bioniclers' Nestに「6227 ブリーズ / Breez」のレビューを掲載しました。



今さらなタイミングですが、一部の店舗ではまだ取り扱いがあるようなので今のうちに。

さて、ヒーローサイドの紅一点であるブリーズちゃん(あえて「ちゃん」付け)は当然女性型ヒーローなワケですが、その割に肩幅の広いタイプの胴体フレームが使われているのがちょっと「?」な感じ。対して男性型のロッカは肩幅が狭いタイプだったりしてどうもチグハグな印象。
バイオニクル期は限られたパーツ内でなんとか女性型に見せようという工夫が(それで女性型に見えるかは置いといて)なされていたので、ここはちょっと退化しちゃってるような気も。
ただ一応、足部分はスマートなデザインの1.0のパーツになってるのは評価したいところ。おかげで背中部分も他よりスッキリとした仕上がりになっています。

最初、左腕にブレードとシールドを装備するのはちょっと過武装かなと思ってましたが、よくよく考えたらヘックスエネルギーシールドは実体盾ではくその名の通りエネルギーシールドなので、使わない時はオフにしておけば邪魔にならない事に気付いたり。
なので、レビューでもオフ時を想定してシールドパーツを外した状態のカットも幾つか入れてみました。
特にブリーズは全ての武器が脱着可能なのでこういう遊びも楽しいと思います。

パーツ取りの面で見ると武器類が魅力的ですね。
特にヘックスエネルギーシールドは非常に綺麗なので、コレ目当てで買っても損はないと思います。
ソードとシューターは、一部または全部が赤いので、汎用性はバットマンのソードや他ヒーローのシューターに比べると劣りますが、どちらも形状自体は非常にクールなので、赤系の作品を作る人は押さえておくと良いと思います。これ以降に出る事も当分あるいは永遠になさそうですしね。
メインカラーでもあるライムグリーン系パーツは形成色的に使い手を選びますが、パーツ自体は勝手の良い形状のものが多く入っています。





『にゃんっ!』

拍手

「6283 ヴォルティックス / Voltix」のレビューを掲載

Bioniclers' Nestに「6283 ヴォルティックス / Voltix」のレビューを掲載しました。



現時点で「装備盛っちゃう系」の最右翼であろうヴォルティックス。
実はコア・ハンターより気に入っていたりします。

ことチューブの使い方が上手い。
これまでもチューブを使ったキャラクターは沢山いましたが、多くはその軌道が単調でシックリこない取り付けられ方がされてる場合が多かったのですが、ヴォルティックスは2色のチューブをそれぞれ異なるカーブを描くように取り付けられており、ポージングすると硬質パーツにはない独特のカーブを描くのが良いですね。

全61ピース構成の中型モデルでありながら、「ガンメタル」「赤」「紫」「黄色」「青+透明」「半透明水色+半透明黄色混色」「黒」と7色もの色を使っていますが、フレームを「赤+黒」、装甲を「ガンメタル」「紫」とキッチリ分けたり、チューブをエナメルコードを連想させる赤と青にしたりと、工夫された配色になっているので実物は結構統一感が感じられます。
こういった配色の工夫はオリジナル作品を作る上でも凄く勉強になる部分だと思います。

ヴォルティックスはシューターギミックだけでなく、ライトニングウィップの回転ギミックや背部ユニットの展開ギミックなどの手動ギミックがいくつか搭載されていますが、個人的にはどちらもパッとしない感じなんですが・・・本来の対象層であるチビっこ達はワイワイやれるかも?
フィギュア・素材として買ってる私としては、背部ユニット展開ギミックよりも火花のエフェクト部が取り外せるようになっている方が嬉しいのですが、まぁ来年からはエフェクトパーツはエフェクトパーツで出すような方向に向かってるようなのでよしとしましょう。

パーツ取りとしては、その多色ぶりが仇となって特定の色を狙ってのチョイスがしずらいのが難しいところ。
ただ、ガンメタル系のパーツは勝手が良いものが揃ってますし、火花パーツや紫のアーマーなど使いこなせば強力な個性になるようなパーツも色々入っているので、ワンランク上のビルドを目指すニクラーは配色の勉強も兼ねて買っておいて損は無いと思います。

拍手

「6221 ネックス / Nex」のレビューを掲載

Bioniclers' Nestに「6221 ネックス / Nex」のレビューを掲載しました。



レビューを書いてる途中で右肩のアンテナが付いてない事に気付き、かなりの枚数を撮りなおすハメに;
テキストは書いてる途中でエラーやミスで消えてしまって打ち直すことはレビューやブログをやってるとちょくちょくあるのですが、写真を取りなおしたのは初かもしれません;

さて肝心のネックスですが、実物はパッケージで見るよりは悪くないです。
個人的に一番気に入っているのは右肩のアンテナですね。
今までこういった戦闘に直接関わらない補助ツール的な装備は殆どありませんでしたが、こういう装備や道具はチームの連携やひいては世界観に奥行きを持たせる事に繋がるので大歓迎です。

左腕の武器はやはり薄さが気になりますが、XT4でもそうでしたがエフェクトパーツは結構良い感じ。

ヘルメットも顎を引くと意外と様になります。2.0版では丸ノコモールドが謎でしたが「BREAK OUT」版ではセンサーとアンテナ風のモールドに置き換えられていてグッド。

パーツをある程度持ってる人は左腕に拳を増設したり、右腕のランチャーを移植したりすると良いかも。
胸部もどうにも寂しいですが2.0の胸部アーマーを付けると結構良くなります。

パーツ取りの面ではあまり突出した所が無く、ガンメタルのアーマー類やランチャーなど使い勝手の良いパーツも一応入っていますが、「これは!」というセールスポイントが無いのが厳しいですね。
ちょっとでも気になった方はレスキューの意味も兼ねて買ってあげて下さい;



以下、余談。



実は既にsyoyaさんがヒーロー用フレームの換装用パーツの1つとして俺化しています。
製品だとどうにも痒い所に手が届いていない感じのするネックスですが、見ての通りキチンと手を加えてやると中々カッコよくなります。



載せて気付いたんですが、瞑想ポーズをするのはエヴォでしたね;(エヴォは修行僧、ネックスはナンパ師)
でも、レビュー写真の中で一番気に入ってたのがコレなので掲載しちゃいました。

拍手

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カウンター

ブログ内検索

MEGATRONIA on Twitter

Bar-Chronicler

レゴ スターウォーズ


PR
Copyright ©  -- 駅前帝国メガトロニア --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]