忍者ブログ

駅前帝国メガトロニア

レゴ ヒーローファクトリー/Herofactoryとバイオニクル/BIONICLEで作品制作しつつ、ヒーローファクトリーシリーズの最新情報をお届け。 その他、ゾイド、トランスフォーマー、メダロットなども。

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

陰に潜み、目をこらせ!:サウンドウェーブ(リベンジ)

やっぱり、我慢できないのでやっちゃいます!
本日はトランスフォーマーリベンジよりサウンドウェーブのご紹介。
嗚呼、ラヴェッジミサイルよ何処へ・・・



※諸事情によりエントリーモードのラヴェッジがありません、ご了承ください。

拍手


サウンドウェーブは衛星軌道上より周囲のあらゆる衛星を操る事が出来る。
ものの数分で衛星通信、データトラフィック、気象情報、高解像度スパイ画像等、
様々なデータが彼の手中に収まり、そのデータ流出量が彼を喜びで満たす。
更に次々に人間のシステムは彼に完全に支配されてしまう。
遥か高空の席から、彼は人間達が気付かぬうちに彼等の運命を自在に操れる立場にあるのだ。
そして、彼は地上の文明に対してそれを実行する・・・

サウンドウェーブのバイオより、かなり意訳しています。

まさしく「情報参謀」ですね!
そういえばリベンジの音波さんはスタスクサイドなのか・・・?
ラヴィッジもコンストラクティコンズ(スタスクサイドの建機部隊)と行動してたし・・・
いや、考え方を変えるんだ! 脳内革命を起こすんだ!! ブレインバーン!!!
きっと、スタスクに従うフリをして実はメガ様の安否を確かめに来たに違いないっ!!!
うん、とりあえず我が家ではそういうことにして遊ぼう。
映画の公開が楽しみだな~

・・・ここにきて「ゲームオリジナルキャラでした」 なんてことないよね!?




サウンドウェーブ スペースクルーザーモード・フロント&リアビュー

恐らく、恒星間ないし惑星間航行を行う際の形態でしょうね。
目的の星に着いたらサテライトモードに変形するといったトコでしょうか。
TFには珍しく着陸脚、ランディングギア、転がし走行用のコロがありません。

デザインは言われればそう見えるかな~? といった感じ。
一応、エンジンノズルのディティールもあります。



スタンドで浮かせれば結構それっぽく見えるかも。
機首がパネル一枚で厚みがないのが少し気になります。




サウンドウェーブ サテライトモード・フロント&リアビュー

SLレーザーウェーブが攻撃衛星だったのに対して、こちらは情報・通信衛星のようです。
トリプルチェンジしたりとなんか共通点が多いですね。

エントリーモードのラヴェッジをスプリングで射出するギミックがあります。
カタチはどうあれ音波さんの代名詞であるイジェクトギミックがあるのは嬉しいトコロ。

まぁ、私はラヴェッジ無くしちゃったんですけどね・・・
決して暴発しやすいワケではないのですが、
変形中にうっかり飛ばしてしまうことがあるので少し注意が必要です。



スタンドで浮かせた方がやっぱり見栄えは良いですね。
なんかゲームとかのラスボスっぽく感じるのは私だけ?
そういや、デジモンセイバーズのイグドラシルに似てる気も・・・



ラヴェッジの射出方向を考えるとこっちかも?
あ~、でも地球の重力があるから反対向きに飛ばしても問題無いと言うか、
大気との摩擦熱とか考えるとむしろ反対側に飛ばした方がいいのか。




サウンドウェーブ ロボットモード・フロント&リアビュー

実写シリーズには珍しく元キャラの要素を色濃く受けたデザインですね。
塗装箇所も多く、クリアパーツが神秘的な雰囲気を醸し出しています。
結構小柄で、肩幅が凄く広い・・・
テックスペックを見ると明らかに知性派キャラなのですが、どう見てもパワータイプな感じです。



火力が「9」ということなのですが、火器が見当たらないですね。
(胸のクリア部から極太光線とか出そうですが・・・)
ということで捏造ショルダーキャノンモード。








サウンドウェーブ・ポーズ集

肩があまり開かないことを除いては可動は良好。
代わりに肩を前後にスィングさせられます。

ちゅーか、何このラスボスデザイン・・・
スタンドに乗せるともはやラスボス以外の何物でもありません!(爆)
なんかメガ様より強そ・・・ い、いえ!何でもありませんメガトロン様!!


管理人の気になるトコロをピックアップ!



リベンジ音波さんは気に入ってはいるのですが、正直腑に落ちないトコロがいくつかあります。

特に、ロボットモード。
頭脳派という割に火器も無くマッチョ体型なのが軽く謎です。
肘のトゲトゲなんて明らかに格闘武装です。
アニメイテッド版も似たような小柄で肩幅の広いマッチョ体型ですが、
もとよりデフォルメ前提のシリーズなのである程度は納得出来ます。
確かに音波さんには逞しいボディのイメージもあります。
しかし、やはりリアリティを重視する実写版シリーズならば、
見るからにインテリなGFみたいな感じのスラッとした音波さんが良かったかな。

あと、できれヴォイジャークラスが良かったかな、と。
G1はサイズ比もパワーバランスも「メガ様>音波さん>スタスク」ですし。
まぁ、人工衛星って意外と小さいから仕方ない気もしますが。


では、まとめを。

ディセプティコンサイドでは一番早く売場から姿を消した情報参謀殿。
ロボットモードはカッコいいですし、トリプルチェンジもあるのでプレイバリュー自体は良いです。
ただ、エイリアンビークルに魅力を感じない人には向かないかもしれませんね。

可動は悪くないのでポーズはしっかりキメてくれると思います。
足首可動があるので設置性は良いですし。

辛い事も少し書きましたが、決してこの音波さんが嫌いなワケではないですよ。
「こんな音波さんもアリかな~」とは思ってます、これはこれでカッコいいですし。
次は地球ビークルをスキャンした音波さんとかも見てみたいですね。

以上、サウンドウェーブでした。

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カウンター

ブログ内検索

MEGATRONIA on Twitter

Bar-Chronicler

レゴ スターウォーズ


PR
Copyright ©  -- 駅前帝国メガトロニア --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]