忍者ブログ

駅前帝国メガトロニア

レゴ ヒーローファクトリー/Herofactoryとバイオニクル/BIONICLEで作品制作しつつ、ヒーローファクトリーシリーズの最新情報をお届け。 その他、ゾイド、トランスフォーマー、メダロットなども。

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【HF2014】ロンドントイフェアでの情報(ヒーローファクトリー:インベーション・フロム・ビロウ編)

先日イギリスで開催された玩具見本市「ロンドン・トイフェア」のレゴ社ブースをレポートした記事が各コミュニティサイトにアップされています。
Brickset:http://www.brickset.com/news/article/?ID=9818
All About Bricks:http://allaboutbricks.blogspot.co.uk/
Brick Fanatics:http://brickfanatics.co.uk/london-toy-fair-report/

展示品は撮影不可だったようで文字情報のみです。
まずは価格情報が公開されました。(トイフェアの開催地がロンドンであるため通貨が£(ポンド)で表示されている点に注意)

Hero Factory
44023 ROCKA Crawler £8.99
44024 TUNNELER Beast vs. SURGE £8.99
44025 BULK Drill Machine £12.99
44026 CRYSTAL Beast vs. BULK £12.99
44027 BREEZ Flea Machine £12.99
44028 SURGE & ROCKA Combat Machine £24.99
44029 QUEEN Beast vs. FURNO, EVO & STORMER £34.99

1/23の時点だと1ポンド≒170円なのでざっくり換算すると以下のようになります。
・スモールクラス:1530円 
・ミディアムクラス:2200円
・コンバットマシーン:4250円
・クイーンビースト:5950円

とあるスジからの情報ではクイーンビーストの日本での定価は6000円程度とのことなので国内外での価格差は殆どなさそうですね。(イギリスは消費税が20%なので、それを加味すると日本の方が安いくらい?)


続いて展示品についてのレポートで気になったポイントをピックアップ。
Briskset
The second half of year HF sets see our heroes heading underground to battle with fearsome creatures. The most interesting aspect were 'cocoon'-like pieces that the HF minifigs can be put inside once captured.
ヒーローファクトリーの下半期のセットでは、恐るべき生物との戦う為にヒーロー達は地下世界へ赴く事になります。 最も興味深かったのは、捕えられたヒーローのミニフィグを閉じ込める事ができる『繭』のようなパーツが存在する点でした。

Hero Factory will be subterranean spider theme. Pieced together like the droids and skeletons. Barrel type technic carrier to hold the spiders?Spiders are one-piece rubber part with a shield on the top which you press down and it jumps into the air (to attack). Some pieces look glow in the dark.
ヒーローファクトリーは地下に棲むクモのような敵がテーマです。 アンドロイドと骨格のようにつなぎ合わせられます。 タル型のキャニスターはクモを入れる為のものでしょうか?クモ達は下半分がゴムになっていて指で押すとジャンプします。いくつかのパーツは暗い場所で発光します。

レポーターがヒーローファクトリーにあまり詳しくない方のようで(特にBrick Fanatics)ザックリとした記述や既報の情報が目立つのが残念ですが、新しい情報が2点ありました。

1つ目は、アニメで作業員やファーノが囚われていた『繭』がセットに入っている点。
アニメでトンネラービーストの背中に繭に類似するパーツがモデリングされていた事で「後期製品で『繭』が登場するのでは?」という予想が説得力を帯びていましたが、今回のレポートで更に確実性が増した形になりますね。
ヒーローのフィグを閉じ込めるギミックも実装されているとのことなので楽しみです。

2つ目は、「暗い場所で発光する(蓄光)パーツが含まれている」という情報。



具体的に蓄光パーツがどの商品に含まれているのかには触れられていませんが、バイオニクルのタカドックスのようにプラスチック自体に蓄光素材を練りこんでいるとすれば、半透明に見えるクイーンビーストの翼や、同ランクの製品に比べてパーツ数が控えめなクリスタルビーストあたりが該当しそうな気がします。



ピラカやBEN10のような蓄光塗料の場合は『繭』パーツの凹部分が塗られているかもしれませんね。個人的には練りこみ式の方がよく光って綺麗なので前者を期待しています。どちらにせよ後期のヴィランからは目が離せないですね!

拍手

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

No Title

  • by kuri eva
  • 2014/01/24(Fri)11:00
  • Edit
クイーンビーストやコンバットマシーンが意外と高いですね…

僕は中1なので自分の小遣いじゃ厳しいかな…

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カウンター

ブログ内検索

MEGATRONIA on Twitter

Bar-Chronicler

レゴ スターウォーズ


PR
Copyright ©  -- 駅前帝国メガトロニア --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]