忍者ブログ

駅前帝国メガトロニア

レゴ ヒーローファクトリー/Herofactoryとバイオニクル/BIONICLEで作品制作しつつ、ヒーローファクトリーシリーズの最新情報をお届け。 その他、ゾイド、トランスフォーマー、メダロットなども。

   

【レゴまとめ】 宇宙の平和を守る組織

実はこのところ、レゴの過去シリーズをリスペクトした作品や、
それらを総括したオリジナルの世界観を作りたいなぁと思っています。

しかし、過去シリーズの設定やデザインを拾い上げるにも、
それを纏め上げたデータベースというものが日本には無く、毎回ブリリンを引くハメに。
流石にもう嫌気がさしてきたので自身の記憶の整理のために、
レゴの各シリーズをまとめて記事にしておこうと思います。

そういうわけで、今回は宇宙シリーズをフィーチャー。
※個人の知識と手元の資料のみで書いているので本当の情報と差異がある場合もあるのであしからず。

スペースポリス
その名の通りの宇宙における警察組織。
「Ⅰ」、「Ⅱ」とそれらをリファインした「Ⅲ」の全3シリーズが存在します。
大小ビークル類が充実しているのが特徴で、移動司令部的な大型宇宙船も保有。

・スペースポリスⅠ/Space Police(1989年)
メインカラー:ブルー×ブラック
透明部品:クリアレッド
ユニフォーム:ブラック×シルバー
対抗グループ:ブラックトロン

実は一見すると悪役のように見えるカラーリングの初代スペースポリス。
反逆者グループ『ブラックトロン』を日夜取り締まっています。

・スペースポリスⅡ/Space Police(1992~93年)
メインカラー:ライトグレー×ブラック
サブカラー:レッド
透明部品:クリアグリーン
ユニフォーム:グリーン
対抗グループ:ブラックトロン

スペースポリスの第2シリーズ。
メインカラー3色に加え、差し色に赤がが用いられているのが特徴的。
Ⅰ同様にブラックトロンを取り締まっているところから見て、
世界観はスペースポリスⅠのそれと同一と思われます。
しかし、メインカラーが全く違ところをみると、ⅠとⅡが同一の組織なのかはやや疑問(?)

・スペースポリスⅢ/Space Police(2009~2010年)
メインカラー:ホワイト×ブラック
透明部品:クリアダークブルー
ユニフォーム:ブラック(通常?)、ダークグレー(宇宙服?)
対抗グループ:なし(犯罪者エイリアン全般)

「白×黒」といういかにも警察なカラーリングのシリーズ。
警察とは思えないオーバースペックの宇宙船や重武装を抱え込んでいたりと、
実は結構謎多き組織なのですが、他に治安を守る組織が無いので手広くやるしかないのかも。
ただ開発中の武器を盗まれるという大不祥事を起こしかけていたりと、
ちょっと心配になる部分もあったりなかったり(笑)
あえてこれを逆手に取った設定を付けるのも面白いかも知れませんね。



その他

・ユニトロン/Unitron(1994~95年)
メインカラー:ブラック×ブルー×ライトグレー
透明部品:クリアダークブルー(キャノピー類) クリアネオングリーン(アンテナ類)
ユニフォーム:ダークグレー×イエロー
対抗グループ:不明

お約束なので言っておきますが、某星間帝王ではありません。
いわゆる宇宙軍的なテーマといわれていますが詳細は不明。
というのも4セットのみの展開で終わってしまったので全容が掴みにくいんですよね。
そもそも敵サイドなのか味方サイドなのかも手元の資料では不明・・・
「~トロン」とついているのでもしかしたら敵サイドかもしれません。

宇宙シリーズには珍しく半数が基地系のアイテムであり、なおかつ大型母艦は存在しません。
こう聞くとダメダメのように思われそうですが、スターホークⅡは中々カッコいい仕上がりです。
(ちなみに『スターホークⅠ』という商品は存在しないようです)
モノレールのセットがあるのでむしろこのシリーズはトレイン方面での方が有名かも知れません。

・エクスプリエンス/Exploriens(1996年)
メインカラー:ホワイト×ブラック
透明部品:クリアダークブルー
ユニフォーム:ホワイト
対抗グループ:スパイラス

・ライフ オン マーズ/Life on Mars(2001年)
メインカラー:ホワイト
透明部品:クリアブラック
ユニフォーム:ホワイト
対抗グループ:火星人(※敵対関係ではない)

火星への不時着を余儀なくされたシャトルクルー達が火星人と出会う物語。
ライフ オン マーズでは「サバイバル」が1つのテーマになっており、
火星のみに存在するエネルギーを蓄えた隕石を手に入れ、
無事地球に帰還する事が目的となっています。
物語の構成上、シャトルクルー側のマシンは、墜落したスペースシャトルと、
それ搭載されていた探査メカ数種のみとなっています。

また従来の宇宙シリーズに登場する宇宙人は敵対的な存在が主でしたが、
今作で登場する火星人は中立的な立場のキャラクターであり、
「火星人と対立してでも隕石を入手する」のか、
「和解を試みて援助してもらう」のかはユーザーが判断を下すという、
従来とは大きく異なるスタンスのシリーズとなっています。

・マーズミッション/Mars Mission(2007~08年)
メインカラー:ホワイト×オレンジ
透明部分:クリアオレンジ
ユニフォーム:ホワイト
対抗グループ:謎のエイリアン

マーズ オン ライフでの火星人との出会いから6年後、
再び火星の地を訪れた地球人を迎えたのは穏健な火星人達ではなく、
彼らの地からクリスタルを奪おうとする緑色に輝く謎のエイリアン達だった・・・」

前作から一転、好戦的な宇宙人の出現により、
歴代の宇宙シリーズの中でも非常にバトル色の強い内容になっています。

・エイリアンコンクエスト/Alien Conquest(2011年)
メインカラー:ブルー×イエロー
ユニフォーム:ダークアズール
クリア部:クリアブラック(キャノピー類)、クリアネオンオレンジ(弾頭)
対抗グループ:エイリアン軍

(ちなみにADUはエイリアン・ディフェンス・ユニットの略だと思われます)
歴代シリーズの中でも最も攻撃的な装備を保有する組織です。
サンダーバードと東宝自衛隊を足して割ったようなステキ装備で敵を討つ!
ただし、宇宙には進出できない様子。

拍手

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

こちらでは、はじめまして♪

  • by risky
  • URL
  • 2011/10/18(Tue)23:40
  • Edit
こちらでははじめまして♪
riskyです。

>総括したオリジナルの世界観
スペース好きのriskyはすごく楽しみですね♪
スペースへの展開楽しみにしております!

>riskyさん

  • by イグ
  • URL
  • 2011/10/21(Fri)23:29
  • Edit
どうも、こんにちは。
現段階での大まかなイメージとしては共通の世界を、
過去、現代、近未来、未来の4つの時代に分けて設定し、
(この中における「未来」の時代を宇宙シリーズを中心とした世界にあてる予定)
システムだけではなく他カテゴリの設定や用語、世界観、キャラクターなどを連続性・関連性を持たせつつ各時代に落とし込んで行きたいと考えています。

No Title

  • by 関山
  • URL
  • 2011/10/27(Thu)02:56
  • Edit
こういう纏め記事は貴重ですね。設定にも踏み込んでいる辺りがなかなか。

「レゴトレインの歴史」も負けないようにがんばりませんと。

>関山さん

  • by イグ
  • URL
  • 2011/10/28(Fri)10:28
  • Edit
自分が設定面を重視するのはもしかするとニクラー故の感性なのかもしれません。
ただ、エクスプロリエンス以前のカタログを持っていので、
それ以前のモデルにあまり思い入れがないのも大きな理由だったりします(苦笑)

カレンダー

03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カウンター

ブログ内検索

MEGATRONIA on Twitter

Bar-Chronicler

レゴ スターウォーズ


PR
Copyright ©  -- 駅前帝国メガトロニア --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]