忍者ブログ

駅前帝国メガトロニア

レゴ ヒーローファクトリー/Herofactoryとバイオニクル/BIONICLEで作品制作しつつ、ヒーローファクトリーシリーズの最新情報をお届け。 その他、ゾイド、トランスフォーマー、メダロットなども。

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

闇を駆ける白き狼: RZ-053 ケーニッヒウルフ

ゾイドレビュー第一弾はケーニッヒウルフ。
いやもう、漢前すぎますw

拍手


ケーニッヒウルフは共和国軍が開発した高速戦闘用ゾイド。
コマンドウルフ等に使用されている中央大陸産よりも巨大な、西方大陸産オオカミ型野生ゾイドをベースに造られている。
ライガーゼロにも匹敵するパワーと機動力を持つが、その有り余るパワーによるオーバーヒートを防ぐ為に背部に冷却ファンを必要とする。
本機最大の特徴は頭部に装備されたヘッドギア。
コックピットの安全を飛躍的に高める上、暗視カメラと精密射撃用スコープも内蔵されており、オプション装備であるデュアルスナイパーライフルやAZ5連装ミサイルポッドの装着時に絶大な威力を発揮する。
必殺技は機体の全電磁気エネルギーを牙に集中させ、敵を噛み砕くエレクトリックファンガー。
非常に強力な攻撃ではあるが一時的に機能停止する恐れがある為に多用は出来ない。




ケーニッヒウルフ・テクニカルデータ&ギミック

公式ファンブックのバトルストーリーでは建造中のマッドサンダーの破壊をもくろむ帝国軍のライガーゼロイクスと交戦、イクスの光学迷彩をヘッドギアを使う事で無効化し勝利を収めています。
その他媒体でもイクスはケーニッヒのライバル機として紹介されることがあります。

「コストの高いライガーゼロの代替機としてケーニッヒウルフが配備される」というのは、シールドライガーとコマンドウルフの関係に似ていますね。
ただ、ケーニッヒウルフは大型ゾイドなのでシャドーフォックスがコマンドウルフの後続機という方がポジション的には正しいかもしれません。

バリエーション機としてデュアルスナイパーライフルとAZ5連装を装備した機体、
ケーニッヒウルフMk-Ⅱとヘビーアームズケーニッヒウルフ等があります。
Mk-Ⅱは銅(茶)色、ヘビーアームズは青色である以外に差異があるのかは不明。
ただ、ヘビーアームズは夜間戦闘の為に暗闇で目立たない青のカラーリングがされているそうです。

ヘビーアームズはWebコミック「ZOIDS妄想戦記」に登場。
Mk-Ⅱはアニメ「ゾイド フューザーズ」でチームマッハストームに所属するエミーの愛機として登場。
この時代にはもう旧式機なんだそうな・・・
ライガーゼロやバーサークフューラーはまだまだ新型機っぽいのに・・・




ケーニッヒウルフ・フロント&リアビュー

歩行ギミックは単四電池2本を使用した電動歩行。
足首が連動しないので目の肥えた方には少し物足りないかも?
ですが、しっかり歩きますし比較的真っ直ぐ歩いてくれる気がします。



歩行連動ギミックは背部の冷却ファンが連動回転します。
ちょいと地味ですが個人的にはこういうギミックは好きです。




首、尻尾、口、耳、マルチディスチャージャー、ヘッドギアが手動で可動。
手動稼働個所が多いため表情付けがしやすいです。
ポージングも多くのライガー系と違い素立ちというより獲物に忍び寄る時のようにも見えます。

巷でよく勘違いされますが、本来の目的はコックピットを保護することの様です。
ヘッドギアは暗視カメラや狙撃用のスコープ機能も付いていますが、あくまでオプション機能でしょう。
装着時の耳が聞き耳を立ててるみたいでカワイイw



コックピットハッチは頭部です。
コマンドウルフ同様にコントロールコンソールがあります。
それにしても広めで快適そうなコックピットですね。
ジェノザウラーやブレードライガーとはえらい違いだw


管理人の勝手な予想をピックアップ!

ケーニッヒウルフはデフォルトで火器を一切搭載していないゾイドとして有名なのですが・・・



マルチディスチャージャーって実は火器だったりはしませんか!?

いえ、コマンドウルフのスモークディスチャージャーとは違い可動したものですから。
「ディスチャージャー」とは「発射するもの、放出するもの」という意味なので、
もしかしてマルチディスチャージャーは火器だったりしないですかね?

まぁ、私の勝手な予想なので間違っているかもしれませんが。


では、まとめを。

ケーニッヒは共和国の哺乳類型ゾイド中では私が最も好きなゾイドなのでかなりのお気に入りです。
デザインもウルフ系独特のスマートさと大型ゾイドの力強さの両方が上手く表現されています。
白(アーマー)+ダークグレー(素体)+緑(キャップ)のカラーリングもカッコいいです。

ギミック面は連動ギミックが少ない代わりに手動ギミックが多く盛り込まれています。
表情付けしやすい為、中々飾り映えします。
連動ギミックか手動ギミックかは好みの問題ですかね。

欠点を挙げれば、言うまでもなくそれは火器を一切搭載していないことでしょう。
兵器としての魅力に欠けてしまっているのはゾイドとしては致命的かもしれません。
やっぱり、デュアルスナイパーライフルだけでも同梱して欲しかったかな。
この点が気になる方はMk-Ⅱ、ヘビーアームズの方にするといいかも。

何にせよ個人的には大のお気に入りです。

以上、ケーニッヒウルフでした。

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

はじめまして。

  • by Sorrow
  • URL
  • 2012/03/24(Sat)00:31
  • Edit
子供の頃に買い逃したコマンドウルフを入手して移行ゾイド病患者になってます。

当時アイアンコングは持っていたのにゴジュラス系は持っていなかったので次は比較的入手し易そうなゴジュラスギガを買おうと思っていたのですが、こちらのブログを読んでケーニッヒウルフを買う事に決めました。

やはりコマンドウルフ系統は大好きな機体ですし、是非隣に飾りたい(笑

記事にあった背中のファンの機構で決定的になりました。

デスザウラーにもありましたよね、確か。

『歩行しながらファンが回る』、これは溜まらないギミックです。

画像や説明がとても分かり易く、詳しい。

気に入ったのでお気に入りに投下しちゃいました。

では。

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カウンター

ブログ内検索

MEGATRONIA on Twitter

Bar-Chronicler

レゴ スターウォーズ


PR
Copyright ©  -- 駅前帝国メガトロニア --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]