忍者ブログ

駅前帝国メガトロニア

レゴ ヒーローファクトリー/Herofactoryとバイオニクル/BIONICLEで作品制作しつつ、ヒーローファクトリーシリーズの最新情報をお届け。 その他、ゾイド、トランスフォーマー、メダロットなども。

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

TFアニメイテッドについてだべろうか:第1話

感想書くとか言いながらもう一週間近く経ってるけどキニシナイ!

第1話「新章!トランスフォーマー」


~今週のTF~


オプティマス・プライム

チーム・オプティマスのリーダー。
かつてはオートボット軍の士官校に在籍し、エリートガード候補生であったが、
ある事件をキッカケにエリートガードへの道を断念。
現在はスペースブリッジの保全を担っている。
階級は一応“プライム”であるが、
部隊の規模はロディマスマイナーのチームとかの方が上だったりするが、それはそれ。

性格はマジメで、恐らくアルマダコンボイに次ぐ良識人。
ゴリ押しではなく、機転を利かせて戦う事が出来るオプティマスはある意味貴重。
消防車系オプティマスであるが、別に天然ではない。
蜘蛛に対して強烈なトラウマ持っている。

本人(及びタカトミさん)は名前の長さを気にかけているが、
先代の「ギャラクシーコンボイ総司令官」よりは短いので問題ないと思うのは私だけだろうか?
気楽に「オプティマス」と呼んであげて欲しい。

拍手


~今週の登場キャラクター~

・オプティマスプライム
・バンブルビー
・ラチェット
・アイアンハイド
・プロール

・ウルトラマグナス
・センチネルプライム

・メガトロン
・スタースクリーム
・ラグナッツ
・ブリッツウィング
・ブラックアラクニア

・サリ
・サムダック博士

~ストーリー~

スペースブリッジの補修を担っているチーム・オプティマス。
お世辞にもエリート部隊とは呼べない彼らは、銀河の辺境でブリッジの保全に努めていた。

ある日、いつもどおりチーム・オプティマスがブリッジの保全に努めていると、
突然、スペースブリッジが作動し大量の岩が転送されてきた。
オプティマスは冷静に対処しブリッジのスイッチを切るが、
スペースブリッジを通して送られてきた岩の中に、不思議な光を放つ岩がある事に気づく。

その岩の中には、大昔の大戦時代にディセプティコンの手に渡らせまいと宇宙に投棄された、
この宇宙で最も大きなエネルギーを持つと言われる物体、『オールスパーク』が隠されていた。

ラチェットはそれを再びスペースブリッジに投げ込むべきだと言う。
「スペースブリッジに投げ込んだ方がよか、これは見つけてはならんものだ」

直後にシップのメインPCであるテルトラン1から、
ディセプティコンの船の反応を感知した、という旨の通信が入る。

「じゃあ、僕達は見つけたんだね、その『オールスパーク』を」
「いや違う、オールスパークがおい達を見つけた」

テルトラン1がディセプティコンのシップが接近している事を告げる。

オプティマス達は、エリートガード本隊へ通信を入れ、
オートボットの最高司令官であるウルトラマグナスに事の次第を説明した。
ウルトラマグナスは特別部隊が合流するまで動かないように、と指示をする。
「いいか、オプティマス 英雄(ヒーロー)になろうとするな、君にはまだその力はない」

しかし、オプティマスは近くのスペースブリッジを用いて退避するべきだと判断、
ウルトラマグナスの命令には従わずスペースブリッジへと向かうようにとテルトラン1に指示を出した。
「オールスパークを運んでいるのはウルトラマグナスではない」

眼前にディセプティコンシップの巨大な船影が見える。
そして、その船には司令船のであることを示すエンブレムがあった。
「メガトロン・・・!」

時を同じくして、ディセプティコンの船内では、
ディセプティコンのNo.2であるスタースクリームがメガトロンに対する不平不満をこぼしていた。
メガトロンに対して妄信的に従うラグナッツはそれに反論、
そしてそれをバカにしているブラッククラニア、
彼女の態度が気に食わないブリッツウィングも集まり口論を展開していた。

だがその口論も、メガトロンがメインブリッジへ入ってくると同時に一瞬にして静まり、
スタースクリームも分かり易く態度を変え、媚びモードに入る。

ディセプティコンの攻撃が始まった。
メガトロンは自らオートボットの船に攻撃を仕掛けるべくハッチへ向かう。
そして、スタースクリームが「武運を祈る」という名目でハッチへ向かい、
メガトロンに時限爆弾をセットすることに成功する。
「私は貴方様の幸運をお祈りするだけですゥ」
「俺は幸運なんざ信じちゃァいない メガトロン、トランスフォーム!」
そして、メガトロンはそれに気付かずに出撃する。
「俺だって信じてないさ・・・」

メガトロンはオートボットシップの船体にとりつき、
船体を融合カノン砲で溶かし侵入しようとする。
それに対し、オプティマスは船外作業用アームで応戦する。
しかし、交戦中にスタースクリームの仕掛けた時限爆弾が爆発。
そしてそれを目にしたスタースクリームは満面の笑みを浮かべながらブリッジへと戻っていく。
「おぉうッ!! やったぜ!!」
「さーてと、深刻な顔♪深刻な顔っと♪」


爆発により大きく軌道をずれたシップであったが何とかスペースブリッジへの近くへと向かう。
ブリッジに近づいた時、オールスパークはまばゆい光を放ちブリッジを作動させる。
形成されたゲートにシップが飛び込んだ直後、ブリッジは大爆発を起こしてしまう。


アイキャッチ・オプティマス
アイキャッチ・メガトロン


スペースブリッジの転送先は地球の軌道上。
そして船内ではオートボットとメガトロンの戦いが始まった。
爆弾による爆発により片腕を失ったメガトロンであったが、
それでも圧倒的なパワーでオートボットを追い詰め、オールスパークを渡すようにと要求する。

オプティマスは重力スイッチを切り、互角に戦える環境をつくるも、
ラチェットの攻撃により弾き飛ばされたメガトロンがメインコンソールに衝突、
オートボットシップは地球の大気圏へ突入ししていく。

メガトロンに追いつめられるオプティマス。
しかし、メガトロンがオールスパークに気を取られた一瞬の隙をつき、
シップの連絡トンネルを開放、辛くも船外にメガトロンを放りだすことに成功する。
だが、郊外へ墜落し大破したメガトロンを一人の青年が見つける・・・

そして、まだオートボットの危機は終わっていなかった。
戦いの合間に地球への墜落が避けられないものとなっていたのである。
そしてオプティマスはシップの墜落地点を湖に修正し、
オートボット達はコールドスリープポッドへ入り眠りについた・・・

そして、50年の月日が流れた・・・

50年後のデトロイトはロボット産業の盛んな未来都市へと変貌していた。
世界にロボット革命をもたらした会社こそサムダック・システムズ。

しかし、その研究室の一体のマイクロボットが突然暴走を始めて・・・


~だべり~

「本日の出張どこでも鑑定団は、ここサイバトロン星からお送りします」

ちょ・・・w 銀河万丈さんなにやってんのwww

歴史ビデオを見ているオプティマスは、
旧大戦の時代からオートボット軍に所属していたラチェットに旧大戦のことや、
ディセプティコンのことについて尋ねますが、ラチェットは知る必要はないと言う。
後々分かることですが、ラチェットは旧大戦で色々と辛く苦しい事もあったので、
戦争にはとうの昔に幻滅してるんだろうなぁ・・・

それよりラチェットさん、それどこの方言ですか?w

「ウルトラアックス! ウルトラアンカー! ウルトラネット!」

ウルトラ!ウルトラ! ウルトラ・・・マグナスNo.1!!(ぇ

「いいか、オプティマス 英雄(ヒーロー)になろうとするな、君にはまだその力はない」
なんというか・・・ いっつもマグちゃんって貧乏くじひかされてるよねぇ・・・(立ち位置的な意味で)

「何百万年も亡霊を追いかけるなんて、メガトロンはお間抜けな野郎だァ」
「バぁカチンがァー! メガトロン偉い!メガトロン強い!
 メガトロン、ディセプティコンをサイバトロン星に戻してくれる!!」

「『それにメガトロンはやりたい放題のオートボットを
 ボッコボコのズッタズタのギッタギタのにしてくれるー』でしょ?
 そのスピーチ暗記したの、ラグナッツ?」
「アンタ結婚式のスピーチ『3つの“袋”を大事にしてくださ~い』とか言っちゃうんでsy...」

「その袋、胃袋、お袋・・・ 池袋ね? 貴女の態度不愉快デス」
3つの袋とか子供知らないだろw
にしてもラグナッツがタイショーくんボイスなんで、妙にカワイイですねw

「Hey!俺の名前はブリッツウィング!! 覚えとけMan! この後俺がNow!
 (顔チェンジ) 今の気持ちを歌にするからYo~! 3つの顔を持つスゴイヤツ~♪」
凄く・・・ チョーさんです・・・(何

「この小汚い翼でなァ!!」
このシーンでの原語版でのスタスクの「アゥアゥ~」ってのがかわいかったんだけどなーw(何
にしてもまた「究極のエネルギー」ですか、相変わらずでなによりですw


なんかもう、OPがカッコよくてステキですわー
映像は完全新規で、なんというか勇者風(?)な雰囲気にリファインされてます。
(OPアニメの作画担当はTFや勇者シリーズでお馴染みの阿部氏)

いやー、カットの移り変わりが早くて目が追い付かない追い付かないw
てか、キャラ出まくってるなーって思って数えてみたら、27体もTFが出てくるという・・・w
何気にアーシーやG1が元の方のアイアンハイドも出てきてますよ。


初回ということで、ブリッジの保全の為に岩を砕くシーンや、船内でのメガトロンと戦闘などを通して、
オートボット側キャラクターの個性や特技・特徴などが分かり易く紹介。
ディセプティコンサイドも口論を通して各キャラの個性が描かれていますね。
スタスクの裏切りやお仕置きも完備ですよ! 奥さん!!

本編の展開に関しては、今のところ原語版との差異は殆どありません。
相変わらず展開が速くて速くて・・・ねぇ!  だが、それがいいのさ・・・

日本版での1話~3話は海外では90分スペシャルとして放送されたものを3分割されています。
なので、次回が各キャラのアースモード初披露となるワケですね、楽しみです。
誰かバンク描き起こされてる人は・・・ まぁ、いないか。
4話で登場の音波さんが新規バンク第一号になるのではと期待。


情報パートである音仏家では初代アニメとトイを紹介。
「映画とアニメはストーリーが違うヨ」という旨の発言もアリ。
個人的にこのミニドラマパートが一番未知数なんで地味に楽しみにしてたり。
どう転ぶか不安でもあるんですが・・・w

いやー、時間なくて満足に書けてないですねぇ(汗
なので追々なんか加筆するかもです。
後、2話以降はストーリー書かない予定なんでヨロシク(ぇ
要はアレだ、各自の目で確かめてくれいっ!(丸投げ

さてさて、明日の第2話が楽しみですわー

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カウンター

ブログ内検索

MEGATRONIA on Twitter

Bar-Chronicler

レゴ スターウォーズ


PR
Copyright ©  -- 駅前帝国メガトロニア --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]