忍者ブログ

駅前帝国メガトロニア

レゴ ヒーローファクトリー/Herofactoryとバイオニクル/BIONICLEで作品制作しつつ、ヒーローファクトリーシリーズの最新情報をお届け。 その他、ゾイド、トランスフォーマー、メダロットなども。

   
カテゴリー「◆バイオニクル最新情報」の記事一覧

【SWビルダブルフィギュア】レゴ スターウォーズ:ビルダブルフィギュア第2弾の画像

Bricksetにレゴ スターウォーズ:ビルダブルフィギュア第2弾の製品リストという触れ込みの情報が掲載されています。

  • Kylo Ren / カイロ・レン
  • Captain Phasma / キャプテン・ファズマ
  • First Order Stormtrooper / ストームトルーパー(ファースト・オーダー版)
  • Rey / レイ
  • Finn / フィン
  • Poe Dameron / ポー・ダメロン
発売日は2016年1月。品番は不明ですが未確認情報では$19.99が2種と$24.99が4種という構成になるという噂もあります。

追記:レゴクラブマガジンの最新号に製品の予告画像が掲載されています。(8~9ページ目)





歴代シリーズの人気キャラクターで構成されていた第1弾と異なり、第2弾は全て最新作『Ep.7 フォースの覚醒』に登場する新キャラクターで構成されています。

また、(基本的には)ギミック無しだった第1弾とは異なり、第2弾はバイオニクルのような腕のスイングギミックかシューターギミックが搭載されているようです。


カイロ・レン:
ファースト・オーダー勢力の騎士。十字型のライトセーバーがどのように再現されるかが気になりますね。
特徴的なライトセーバーは新規パーツで再現。マスクの銀色のエッジ部分がモールドではなく塗装で表現されており、画像だとややノッペリした印象を受けますが実物だとどうなるのか気になる所。あと、マントはスリットの入った独特な形状に見えます。


キャプテン・ファズマ:
銀色のストームトルーパーで隊長格の模様。聞くところによると女性キャラクターで、ヘルメットを外すシーンもあるそうなのですが、素顔でリリースされるのかヘルメットになるのかが気になりますね。

ちなみに劇中では鏡面処理のアーマーを着けていますが、既出のミニフィグ版は普通にフラットシルバーなので、ビルダブル版も恐らくそうなるものと思われます。

マスク状態で製品化。ローブも付属。パーツ的には今期のジャンゴと被りますがフラットシルバーはいくらあっても困らないので問題なし。

ストームトルーパー:
これについては既に情報が出ているので省略。

レイ:
エンジ色のスピーダーに乗る女性キャラクター。月光仮面みたいなターバンとゴーグルも特徴的ですが、主要キャラなので素顔で造形されえそうな気がします。

ゴーグルを外した半素顔状態で製品化。見た感じ頭部の造形自体は悪くなさそうに見えますがターバン付きでの造形なので用途は限られそうな感じ。ローブを大胆に使ったボディはユニークで面白そうな感じ。背中にギアが見えるのでバトルギミック在りの模様。


フィン:
ルークに続く完全素顔枠。暗色系のボディに暗色系のヘッドなのでルークほど浮いてる感じはしない・・・か? ボディはトルーパーアーマーではなく、褐色のジャケットを再現しているようで腰の形状が少し独特に見えます。



また背中に新パーツが使われており、バトルギミックの存在も確認できます。

ポー:
Xウィングのパイロットユニフォームで製品化。ヘルメットのバイザーがクリアパーツになっているのが良い感じ。白いベストはテクニックパーツで再現されています。元と比べるとかなりゴツイですがG.I.ジョーなどの強化戦闘服のようでこれはこれでカッコいいですね。

拍手

【BIONICLE 2015】バイオニクルのコミック『LEGO BIONICLE: Gathering of the Toa』が予約販売中

今月の頭ぐらいからAmazonで『LEGO BIONICLE: Gathering of the Toa (Graphic Novel #1) / レゴ バイオニクル:トーアの集結』の予約がスタートしています。

 

「グラフィックノベル」というカテゴリーですが、小説ではなくアメコミの一種で日本風に言えばマンガの単行本のようなものです。

新バイオニクルのコミックは、セットの箱裏のものとレゴマガジンに載ったものの2種類がありますが、今回のものはどちらとも絵柄が異なるので完全書き下ろしなのかもしれません。(ストーリー的には2015年前期に相当する模様)




邦訳版はありませんが、Amazon.jpでも購入可能です。(発売日は12/29とのこと)

拍手

【BIONICLE 2016】2016年版 レゴ バイオニクルのポスター

先日始まったマスク職人コンテストの背景に2016年版のバイオニクルのポスターが映っている事が話題になっていましたが、出元は不明ですが解像度高めのものが出ています。



炎の翼を得たタフーと5人のトーア、その背後には5体の新キャラクターが写っています。背景はプロテクター時代のマクータが着けていた『制御のマスク』が大写しになっており、制御のマスクの額には旧シリーズの『マタ・ヌイ島』と思われる島が描かれていて、旧シリーズとの関連性を匂わせる構成になっています。

2016年版シリーズはパワーアップした『トーア』と新キャラクター『クリーチャー』の合体ギミックが売りとなっており、画像のタフーは合体状態になります。

両脇のトラバサミのようなものは2015年シリーズのスカルスパイダー的な敵キャラクターで、クリーチャー系のセットに付属する模様。ちなみに『制御のマスク』は敵側の大型セット(マクータではない)に付属するといわれています。

全体的にボディの構成が独特で、特に股間部の形状がこれまでのフレームパーツと異なるので、ボディの構成はこれまでと大きく異なるかもしれませんね。また、クリーチャーは背面に合体するのでギアギミックがオミットされている可能性もありそうです。

パーツ面では武器やアーマーが新造されています。ヒーローファクトリーのそれよりもモールドが多めなのが特徴で、ペグ穴やシャフト穴を備えたものもある模様。

 

ちなみに新シリーズについては2015年版のアニメの最終話に出てくる石板でも示唆されてたりします。

拍手

【BIONICLE 2016】『BIONICLE Mask Maker』コンテスト(10/14追記)

レゴ バイオニクル公式facebookでバイオニクルの作品コンテスト『BIONICLE Mask Maker』がスタートしています。

The Mask Maker Challenge is on! Build a mask worthy of Ekimu’s approval and win a limited edition 14 carat gold Mask of...

Posted by LEGO Bionicle on 2015年10月11日
昨年のコンテストと異なり、今回はコンストラクション(バイオニクル・HF)系のパーツを用いて「人が被れるマスク」を作るコンテストとなっています。


Ekimu will judge the masks according to the three ancient Rules of Forging:1: Always forge with an open heart and a...

Posted by LEGO Bionicle on 2015年10月12日

今回のコンテストは「伝説のマスクメイカーであるエキームがマスクを募集している」という趣向で、評価ポイントは3つ挙げられています。

  1. オリジナリティ溢れるデザインであること。
    L独創的な作品のみに評価を得るチャンスがあります。
  2. 精巧かつ力強い作品であること。
    Lあなたはエキームの評価を得るために真のマスタービルダーに匹敵するスキルを発揮する必要があります。
  3. 6つのエレメントパワーのいずれかを反映していること。
    L「火」「水」「密林」「氷」「岩石」「大地」のいずれか1つを慎重に選んでください。1つのマスクに複数のエレメントパワーを備える事は非常に危険です。(全てのエレメントパワーを備えたマスクを作った事がマクータの暴走を引き起こした事を思い出して下さい)
賞品は、特賞が『14金製の創造のマスク($1500相当)』、第1位が『バイオニクル2015コンプセット($270相当)』、第2位が『スカルアーミー5種セット($90相当)』となっています。

なお、対象のSNSはfacebookのみで参加するには、画像とハッシュタグ「#BionicleMaskMaker」を付けてバイオニクルのfacebookページにアップすればよいようです。(管理人はfacebookに詳しくないので細かい所は各自で調べてみてください)

いまのところ募集期間が書かれていませんが、参加希望の方は早めに投稿するか、小まめに公式facebookをチェックした方が得策そうです。

【10/14追記】

コンテストの参加規約・要綱のページがありました。(https://www.facebook.com/LEGOBionicle/app_1378816809095151

開催期間は10月12日~10月31日とされています。(恐らく国際標準時が基準なので時差に要注意)

このほか参加手順が第7段落に纏められているので要チェックです。

拍手

【BIONICLE 2016】2016年のレゴ バイオニクルのウワサ

最近オフ会やコンペの仕込みが続いていたので更新が停滞気味ですが、私自身は元気です。

さて、数日前から2016年のバイオニクルと思われる画像が出回り始めてますね。当方は諸般の事情で画像の引用は避けますが、以前リークされた製品リストと内容は合致するので信憑性は高そうな感じです。


ヒーローサイド:
トーアは旧シリーズのような入れ替わり式ではなくヒーローファクトリーのようにタフー達6人が続投していく模様。色はクリアパーツと金属色系が多めで、製品規模は2015年版と同じでラージクラス系はゴールド、ミディアムクラス系はシルバーが基調となっています。(コパカのみ後述のクリーチャーが同梱された大型セットになっており合体セットのような趣)

ボーナスパーツはゴールデンマスク。ギアギミックの有無は不明。


クリーチャーサイド:
スモールクラスで展開。旧シリーズのラヒのような動物型のキャラクターが中心で、デザインはプロテクターと異なりそれぞれ大きく異なる。(頭部のデザインは共通)

別売りのトーアに分解なしで装着合体が可能(ジェットスクランダーのような感じ)で、クリーチャーの頭部はトーアのマスクに兜のように覆いかぶさるギミック在り。

胴体にはシャフト穴やペグ穴を備えた旧バイオニクル風の新型アーマー(HFフレームに対応)が用いられている。


ヴィランサイド:
基本的には2015年前期のスカルスパイダーのようにヒーローサイドの製品に付属するスタイル。デザインはトラバサミやハエトリソウに虫の手足がはえたような感じ。

このほかラージクラス相当と思われるボス格のキャラクターが1体発売。鹿のような大きな角と独特な構造の足が特徴的。また、ボーナスパーツとして『制御のマスク(マクータのマスク)』が付属する模様。



以下、雑感。

クリーチャー系の組み換えなしで合体出来るギミックは面白くて良いと思います。動物型キャラは人型キャラよりも販売面で不利になりがちですが、いわゆる「2号ロボ」的な役割を持たせるのは合わせ買いを促す良いアイデアですね。


敵サイドのミニキャラが付属するスタイルは好きだったので、これが継承されるのは嬉しいところ。ボス格のキャラも中々威厳のありそうな風貌で良い感じ。

正式な画像の発表が楽しみです。

拍手

カレンダー

04 2019/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カウンター

ブログ内検索

MEGATRONIA on Twitter

Bar-Chronicler

レゴ スターウォーズ


PR
Copyright ©  -- 駅前帝国メガトロニア --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]