忍者ブログ

駅前帝国メガトロニア

レゴ ヒーローファクトリー/Herofactoryとバイオニクル/BIONICLEで作品制作しつつ、ヒーローファクトリーシリーズの最新情報をお届け。 その他、ゾイド、トランスフォーマー、メダロットなども。

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【BIONICLE 2016】2016年のレゴ バイオニクルのウワサ

最近オフ会やコンペの仕込みが続いていたので更新が停滞気味ですが、私自身は元気です。

さて、数日前から2016年のバイオニクルと思われる画像が出回り始めてますね。当方は諸般の事情で画像の引用は避けますが、以前リークされた製品リストと内容は合致するので信憑性は高そうな感じです。


ヒーローサイド:
トーアは旧シリーズのような入れ替わり式ではなくヒーローファクトリーのようにタフー達6人が続投していく模様。色はクリアパーツと金属色系が多めで、製品規模は2015年版と同じでラージクラス系はゴールド、ミディアムクラス系はシルバーが基調となっています。(コパカのみ後述のクリーチャーが同梱された大型セットになっており合体セットのような趣)

ボーナスパーツはゴールデンマスク。ギアギミックの有無は不明。


クリーチャーサイド:
スモールクラスで展開。旧シリーズのラヒのような動物型のキャラクターが中心で、デザインはプロテクターと異なりそれぞれ大きく異なる。(頭部のデザインは共通)

別売りのトーアに分解なしで装着合体が可能(ジェットスクランダーのような感じ)で、クリーチャーの頭部はトーアのマスクに兜のように覆いかぶさるギミック在り。

胴体にはシャフト穴やペグ穴を備えた旧バイオニクル風の新型アーマー(HFフレームに対応)が用いられている。


ヴィランサイド:
基本的には2015年前期のスカルスパイダーのようにヒーローサイドの製品に付属するスタイル。デザインはトラバサミやハエトリソウに虫の手足がはえたような感じ。

このほかラージクラス相当と思われるボス格のキャラクターが1体発売。鹿のような大きな角と独特な構造の足が特徴的。また、ボーナスパーツとして『制御のマスク(マクータのマスク)』が付属する模様。



以下、雑感。

クリーチャー系の組み換えなしで合体出来るギミックは面白くて良いと思います。動物型キャラは人型キャラよりも販売面で不利になりがちですが、いわゆる「2号ロボ」的な役割を持たせるのは合わせ買いを促す良いアイデアですね。


敵サイドのミニキャラが付属するスタイルは好きだったので、これが継承されるのは嬉しいところ。ボス格のキャラも中々威厳のありそうな風貌で良い感じ。

正式な画像の発表が楽しみです。

拍手

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カウンター

ブログ内検索

MEGATRONIA on Twitter

Bar-Chronicler

レゴ スターウォーズ


PR
Copyright ©  -- 駅前帝国メガトロニア --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]