忍者ブログ

駅前帝国メガトロニア

レゴ ヒーローファクトリー/Herofactoryとバイオニクル/BIONICLEで作品制作しつつ、ヒーローファクトリーシリーズの最新情報をお届け。 その他、ゾイド、トランスフォーマー、メダロットなども。

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【BIONICLE 2016】新バイオニクルは今年をもって展開終了。他

バイオニクル・ジェネレーション2の展開終了:

レゴ バイオニクル公式フェイスブックにて『レゴ バイオニクル』シリーズが現在発売している
2016年夏季商品をもって展開を終了
することが告知されています。

THE CONCLUSION OF “THE JOURNEY TO ONE” MARKS THE END FOR LEGO® BIONICLE® GENERATION 2

『進化への道』を持ってバイオニクル・ジェネレーション2は完結します。


Fans, today we have to share the news with you that we have made the tough decision to discontinue LEGO® BIONICLE® at the end of 2016. NETFLIX has just started streaming the final two episodes of “The Journey to One” the ending of which, will put an end to any speculation about the future of LEGO® BIONICLE®.

本日我々はファンの皆様へ2016年末をもってレゴ バイオニクルの展開を終了するという厳しい決定をしたというニュースをお伝えしなければなりません。

NETFLIXではちょうど『進化への道』の完結編となる2本のエピソードの配信が始まりました。ですが、そのラストをもってバイオニクルの未来への冒険に終止符が打たれます。


With the 2015 relaunch of LEGO® BIONICLE®, we set out to revive a childhood favorite of fans worldwide, and bring it to a new group of children who were too young to have known and played with LEGO® BIONICLE® Generation 1. From your wonderful feedback over the last year, we feel very proud to have performed that task. Currently, the last wave of LEGO® BIONICLE® products is launching in Europe and North America. These products will, however, not reach the shelves in Asia and the Pacific markets.

我々は世界中のファンの「お気に入り」を復活させようと、前年よりバイオニクルを知らない若い世代と共にバイオニクル・ジェネレーション1で遊びフィードバックを得ながら、2015年にバイオニクルのリブートを行いました。

昨年の皆さまからの素晴らしいフィードバックから我々はその仕事に誇りを感じています。現在、バイオニクルの最後の製品シリーズヨーロッパと北アメリカでの販売が始まっています。しかし、これらの製品はアジアと太平洋の市場の店頭に並ぶ事はありません。


Next up is the #BIONICLEbuildmakuta Rebrick Contest, starting August 1st, that will give you a chance to compete for some unique prizes. All you have to do is to give us your best shot at the Evil Overlord himself. Through the rest of the year, we will keep sharing artwork and other things that may be of interest to you on LEGO.com/bionicle and facebook.com/LEGOBionicle


次に8月1日よりRebrickで開催される幾つかのユニークな賞品を賭けた『#BIONICLEbuildmakuta』コンテストについてお知らせします。このコンテストではあなた想像する最高の悪の化身を表現する事が求められます。

また、今年いっぱいは『LEGO.com/bionicle』と『facebook.com/LEGOBionicle』上でアートワークなどのコンテンツの更新・公開を行っていく予定です。

On behalf of the LEGO® BIONICLE® team we would like to say that it has been absolutely thrilling to work on a theme that evokes so much interest, dedication and emotion. We would like to thank you for taking in LEGO® BIONICLE® Generation 2 and sharing all your builds, stories, artwork, joy, criticism and praise. By doing so you have not only expanded the universe but also made the amazing BIONICLE® Community even stronger and more amazing. We are confident that you will ensure that BIONICLE® lives on.

バイオニクルチームを代表して、多くの感心と応援と刺激のあるテーマに取り組む事ができた事、そして皆様がバイオニクル・ジェネレーション2を受け入れ、作品やアートワーク、物語、喜び、批評の声を生み出してくれた事に対して感謝しています。これらによってバイオニクル・ユニバースがより大きなものとなっただけでなく、バイオニクル・コミュニティもより強く素晴らしいものとなりました。我々は皆様の中でバイオニクルが生き続けていくことを確信しています。


The BIONICLE Team

バイオニクルチーム



プレスリリースでは展開終了の明確な理由は語られていませんが、海外のコミュニティサイトでは販売不振(特にメイン市場と睨んでいた北米での不振)が原因であるという見方が多いようです。

商品的にもメディア的にもようやく新バイオニクルらしさが出てきていたところなので残念でなりません。夏季商品のアジア市場での発売が無い事が明記されているためエキームやレメントビースト系のセットは日本では発売されないものと推測されます。

また、ビルダブルフィギュア系の後継シリーズが出るのかも今のところ不明です。(年末に発売が予定されているスターウォーズ:ローグ・ワンのビルダブルフィギュアについては触れられていないので予定通り発売されるものと思われます)


アニメ『バイオニクル:進化への道のり』のシーズン2が配信中:

前述のプレスリリースにもありましたが、Netflixにて『バイオニクル:進化への道のり』のシーズン2(『第3話:デストロイヤーの罠 / Destroyer's Game 』『第4話:暗黒の扉 / Dark Portal』)の配信がスタートしています。

具体的な内容についてはネタバレになるので伏せますが、未回収の伏線は多いもののストーリーは明確に完結を迎える内容になっています。


公式コンテスト『The Makuta Challenge』開催:





レゴ公式の作品投稿サイトRebrickでバイオニクルの作品コンテストが開催中です。締切は世界標準時で9月5日の16:00

テーマは『マクータ』で、「創造力の感じられる作品か」「(マクータの)キャラクターにマッチした作品になっているか」「革新的なビルドをしているか」「ビルド技術の凄さ」の4点で評価されるそうです。

 

・金賞:3人
賞品:『レゴ バイオニクル・アートブック(非売品・サイン入り)』『バイオニクル・コンプリートセット』

・銀賞:3人
賞品:『バイオニクル・コンプリートセット』

・ボーナス賞:1人(?)
賞品:『レゴ バイオニクル・アートブック(非売品)』
※ボーナス賞は参加者の中から無作為に選ばれる模様。


「コンプリートセットとは豪華だなぁ」と思う反面、コアファンほど欲しいであろうアートブックは「冊子なんだからもっとバラ撒けばいいのになー」という気もしますし(むしろ4冊しか刷らない方がお金掛かりそうな気が)、折角なんだからマクータの『禁断のマスク(究極のパワーマスク)』が賞品でもよかった気もします。

とはいえシリーズが打ち切られてもイベントをやる姿勢は評価できると思います。

拍手

『シン・ゴジラ』観てきました!(暫定版)

お陰さまでディーラー初参加だったワンフェスも無事終わりました。販売したバイオニクルも約半数が売れ、残りもレゴ仲間が殆ど買ってくれたので何とか出展代の回収は達成しました。冬も同様のラインナップが揃えられるかは分かりませんが、出展自体はしたいですね。

さて、本題。本日封切りの映画『シン・ゴジラ』を観てきました。



単刀直入に言えば面白い映画でした。ついでに子供向け要素は一切ないです。

ネタバレにならない程度にレポート書くと、まずドラマパートに重きを置いた作品で、特に群像劇のような構成で進行していくのが特徴的ですね。人間サイドのアクション要素が皆無なのもゴジラシリーズには珍しいのですが、ドラマパートはムズカシイ言葉が多く出るものの分からなくても鑑賞に支障が出ないようになっており、なおかつテンポよく進んでいき、ありがちな感傷シーンや恋愛描写もなく、ゴジラパートも小まめに挿入されていくので近年のSF系邦画にありがちな退屈さは感じませんでした。

庵野監督の個性は良いベクトルでも悪いベクトルでも炸裂していますが、トータルで見れば氏にメガホンを執らせた意味はあったと思います。特に音楽とゴジラのアクションは個性が色濃く出ていて、「"庵野"色」がニガテな人にはヒットしない部分もある気がします。とはいえドラマパートのカメラワークや画面作りなんかは邦画の中でもかなり凝っている感じで良かったです。

とにかく予備知識なしで観た方が面白い映画で(劇場パンフレットにはご丁寧に"封印帯"まで巻かれている)、興味のある方はネタバレしてしまう前に観た方が良いと思います。





というわけでネタバレ付きの感想は「続きを読む」からどうぞ!

拍手

ワンフェスに出展します

梅雨に入り、気温も上がってきていよいよ夏が迫っている感じがしますね。

当ブログ的には夏と言えばバイオニクルの新製品発売や鉄道模型コンベンション(JAM)ですが、今年は7/24のワンダーフェスティバルへの出展を予定しています。

ワンダーフェスティバルというのはガレージキットの即売会が元となっているイベントで、大ざっぱに言えばコミケの立体物版のような感じです。

JLUGメンバーと合同での出展する形ですが、自分は初参加でノウハウがまだないのと、何よりキットを用意する時間がないので今回は中古のバイオニクルの販売を考えています。
こんな感じで準備中です。

作品の展示もしたいところですが、出展スペースが会議机の1/3分しかないので売るものが無くなったら置く感じになりそうな気がします。


拍手

アプリモンスターズは何をして遊ぶトイなのか

現在開催中のおもちゃショー2016でデジモンの最新作『デジモンユニバース:アプリモンスターズ』(アプモン)が本格発表されました。

遂にメインタイトルからデジモンの文字が外されたわけですが。下手にデジモンを名乗らず仕切りなおしているのは東映やバンダイの制作体制を考えると妥当な判断ですね。(基本的に過去作の復習をしないメーカーなので)




拍手

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カウンター

ブログ内検索

MEGATRONIA on Twitter

Bar-Chronicler

レゴ スターウォーズ


PR
Copyright ©  -- 駅前帝国メガトロニア --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]