忍者ブログ

駅前帝国メガトロニア

レゴ ヒーローファクトリー/Herofactoryとバイオニクル/BIONICLEで作品制作しつつ、ヒーローファクトリーシリーズの最新情報をお届け。 その他、ゾイド、トランスフォーマー、メダロットなども。

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【BIONICLE 2015】夏季新製品の試作画像

ロシアのレゴコミュニティサイトBrickberriesレゴ バイオニクル2015年夏季新製品の試作版と思われる画像が投稿されています。


拍手






・70791 Skull Warrior / スカルウォリアー (£12.99)
「スカル~」シリーズは「白(ないし銀)」と「透明オレンジ」が共通色として使われ、そこに各キャラクターのシンボルカラーが1色入るカラーリングのようですね。
スカルウォリアーの場合は透明水色がパーソナルカラーのようで、付属するボーナスパーツがコパカのマスクである点から氷属性のキャラクターだと思われます。

武器のボウガンはプロテクター・オブ・ジャングルのものを一回り大きくした感じで、背中には長槍のような武器も見えます。ボウガンはラピッドシューターなどの何らかのシューターギミックを備えてるものと思われますが、そうなるとギアギミックの有無が気になる所?(槍も持ってるので付いてそうな気もしますが)

 

マスクの形状はオーソドックスで、↑のマスクに似ている気がします。
あと、赤系の目パーツは何気に初登場です。(トーアは青系or緑系)




・70792 Skull Slicer / スカルスライサー (£12.99)
既報通り、スカルスライサーは4本腕。全ての腕が連動して動いたら凄くカッコよさそうです(海外の方の予測再現ビルドを見るに腕を全て動かす事も不可能ではないようです)が、腕が絡まりそうなので内2本はダミーかもしれません。

腕や脛には新型のフレームパーツが用いられているのが分かります。
汎用性の観点から見ると接続部が少ないので何とも言えないパーツですが、脛部分を見るに側面が”抜き”になっているようなので、ここに何かパーツを付けたり通したりできたら評価が変わってくるかも?

マスクは、頭頂部の窪みがスカルスパイダーマスクのそれと似ているような気も?
付属するゴールデンマスクはレーバのもので、シンボルカラーも透明緑(トランスブライトグリーン?)が用いられています。

武器は3本の剣と赤いフック付きのチェーンで共に新規パーツ。



腹部にはあばら骨的なトゲトゲのある新型パーツが用いられています。
あとさり気なく脚の付け根に新色の関節強化ソケット(黒)が使われています。




・70793 Skull Basher / スカルバッシャー (£12.99)
今シリーズは共通して「甲冑を来た骸骨」的なデザインなわけですが、スカルバッシャーは特にそれが顕著ですね。マスクはバフォメット的なデザインで、かつてないほどド直球に悪魔的です。

付属のマスクはオヌーのもので、色的にもバッシャーは大地属性の様子。
武器は2振りのバトルアックスでいかにもパワータイプって感じですね。




・70794 Skull Scorpio / スカルスコーピオ (£12.99)
スカルスコーピオは今シリーズの中で突出して奇抜なデザインになっています。
シンボルカラーは透明黄色のように見えますが、付属のマスクから察するにオワツと対になるキャラクターなので透明緑(トランスネオングリーン)かもしれません。

ギアギミックの有無は何とも言えない感じですが、尾に武器やリンクパーツのようなものが見えるので何らかのギミックがありそうな気がします。




尾の武器パーツはスカルバッシャーのものと同じようですね。




・70795 Mask Maker vs. Skull Grinder / マスクメーカー vs スカルグラインダー (£24.99)
夏季新製品の旗艦モデルもその全貌が明らかに。
その名の通りマスクメイカーとスカルグラインダーの対決セットで、付属のゴールデンカノイは新バイオニクルのキーアイテムである『創造のマスク』という豪華な構成。




伝説のマスクメーカー『エキーム』が遂に登場。
金色と透明青で構成されたボディが美しく、神々しい雰囲気。

武器はアニメに登場したクリアブルーのハンマーに加え、ソーブレードとシンデレラの馬車などに使われている車輪を使ったシールドを持っています。

 

ちなみにデフォルトのマスクが金色のプロテクターマスクなのは、マクータから『究極のマスク』を弾き飛ばした際の爆風で『創造のマスク』が島の何処かへと失われた為。(この時エキーム自身も仮死状態となってしまい、その後プロテクター達によってこのマスクを付けられ棺に納められる)



対するスカルグラインダーは非常に大柄に見えます。
横を向いている為、マスクのデザインが良く分からないのがちょっと残念。



スカルウォリアーやスカルスライサーにも用いられている新型の剣パーツは、盛大に刃こぼれしたいかのも野蛮そうなデザイン



膝や肩には新型のショルダーアーマーが使われています。
Bricksetのレポートでは「破れた布のような」とありましたが、これを見る分には破損した西洋甲冑のような印象です。



あと一見すると右腕のメイスの柄からチェーンが伸びているように見えますが、よく見ると繋がってないので、これはどうやらパッケージの縁の装飾のようです。

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カウンター

ブログ内検索

MEGATRONIA on Twitter

Bar-Chronicler

レゴ スターウォーズ


PR
Copyright ©  -- 駅前帝国メガトロニア --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]